GADGET FACTORY 雑記帳

iPhone アプリ / Flash コンテンツ /Adobe AIR などを開発していて気づいたことや備忘録、TIPS、HACKなど

Apple から 「iPhone6」「iPhone6 PLUS」「Apple Watch」 が発表されました

本日、Apple から 「iPhone6」 と 「iPhone6 PLUS」が発表されました。
発売日は9/19になるそうです。
Apple - iPhone 6

さらには、かねてから噂のあった、iPhoneと連携がとれる時計型の端末 「Apple Watch」も。
こちらは、発売が2015年になるそうです。
Apple - Apple Watch


「iPhone6」「iPhone6 PLUS」

両機種とも、新たにNFCを登載して、iOS8登載、歴代最薄モデル。

開発者としては、NFC機能も気にはなりますが、どちらかというと、これまでのアプリがそのまま動作するかどうか気になります。
特に、解像度の部分は、全てのアプリに影響する部分なので、一番の気がかりな点です。

「iPhone6」は 4.7 インチ液晶で、解像度が1334x750で、ほぼ 16:9(16:8.9955)の画面比率。
「iPhone6 PLUS」は 5.5インチ液晶で、解像度が 1920x1080のフルHDサイズで、16:9の画面比率。
現在の最新機種「iPhone5s」は4インチ液晶で、解像度が 1136x640で、ほぼ 16:9(16:9.014)の画面比率。
ちなみに、「iPhone4」は3.5インチ液晶で、解像度が 960x640で、3:2の画面比率です。
なので、これまでとほぼ同じ画面比率と考えてよいのかもしれませんね。
(画面比率で、小数点が出ている時点で、表現として正しいのかは分かりませんが・・・)
個別対応しなくても、何とかなりそうな感じです。

Apple Watch」

Watch OSというOSを登載していて、2サイズ(38mm/42mm)、ケースとバンドが異なる3つのモデル(コレクション)があり、ステンレススチールの「WATCH」、アルミニウムの「WATCH SPORTS」、18Kゴールドの「WATCH EDITION」。
Retinaディスプレイ、心拍センサー登載、「デジタルクラウン」と呼ばれる、時計のベゼルのような入力装置がついてます。
Watch OS へのアプリの制作が可能かどうかも、開発者的には気になります。
Apple Developer には、現在 Watch OS の記載はないので、アプリなどが開発できるかは現時点では不明です。